ホーム広報大沼の取材日記 › ほうれん草レシピ和洋中3連発

広報大沼の取材日記

ほうれん草レシピ和洋中3連発

2014年1月17日

レシピを考えるとき、意外に頭を悩まさせられるのがほうれん草と小松菜です。
その多彩さ、万能さゆえに、なんかこう、今更私みたいなもんが発信できることがあるのかしら...と。

巷ではたくさんの素敵レシピが溢れる中で、私が誇れるのは手抜き具合くらいのものなのですが、ちゃちゃっと作れるレシピを3つほどご紹介したいと思います。
一応テーマ性を!と思いお子様向け、奥様向け、旦那様向け、洋・中・和で構成してみました。


1、ほうれん草のキッシュ風オムレツ~お子様向け~

P1140494.JPG
切るのがへたくそで見た目がいまいちなのはご愛嬌...

かぼちゃ 4分の1くらい
たまねぎ 半分
エリンギ 1個
卵 4つ
豆乳 50mL
とけるチーズ ひとつかみくらい
小麦粉 大さじ1
とかしバター 適量
コンソメ細粒 適量

●作り方

1、たまねぎ、かぼちゃは薄切りにし、かぼちゃはレンジで加熱しておく。
たまねぎ、ざく切りにしたほうれん草、えりんぎを炒め、しんなりしたらかぼちゃを加える。

2、1に塩コショウ、コンソメで味付けし、小麦粉をまぶし馴染んだら火を止める。

3、卵に豆乳、とかしバターを加え混ぜ、2に火をつけて流し込む。

4、チーズを入れてふたをし、卵に火が通ったら完成。

豆乳は牛乳でもいいですし、なくてもOKです。チーズ、バターもお好みで。
うちはめずらしく揃っていたのでうれしくて使っちゃいましたが。
かぼちゃやチーズを入れると結構食べごたえがあるのでお肉類はなくてもいいと思いますが、ツナやベーコンを入れてもおいしいかもしれません。

2、ほうれん草とピーマンのヘルシーチャプチェ風~奥様向け~

P1130475.JPG
"風"としたのはチャプチェの何たるかを私があまり理解していないから...です


●材料

ほうれん草 2、3株
ピーマン 2個
ひき肉 100gほど
緑豆春雨 60gほど

中華だし細粒 適量
豆板醤 小さじ1
しょうゆ 大さじ1
砂糖 適量
ごま油 適量

1、フライパンでひき肉、ピーマン、ほうれん草の順に炒める。

2、お湯で戻した春雨を水を切って投入、ごま油で香りをつけたら中華だし、豆板醤、しょうゆ、砂糖で味をつけ、塩コショウで整える。

本当は赤い野菜(パプリカなど)を入れると色味が綺麗なんでしょうが、冷蔵庫になかったので(どーん)
緑豆春雨は本場中国では漢方にも取り入れられ、解毒作用や利尿効果があるそうです。
冬は汗をあまりかかないのでデトックス効果に期待ですね。
さらに低インシュリン食品で血糖値の上がり方も穏やかに。
食べごたえと満足感があるのでダイエットにもいいかもしれませんね!

3、ほうれん草と小松菜の常夜鍋~旦那様向け~

2013-12-14 19.51.20.jpg
夜遅い時間の食事でもこれならヘルシーですよ!

●材料

ほうれん草 
小松菜 ともに2、3株(もちろん丸ごと1束使ってもいいと思います。お好みで)
揚げ 1枚
えのき 1/2株
昆布(だし用) 
めんつゆ 適量

●作り方

1、ほうれん草・小松菜をざく切りにし、えのきは下部を落とし、揚げを油抜きした後適当なサイズに切る。

2、鍋に昆布、水を入れ、沸騰する前に昆布を取り出しめんつゆで味付けをする。

3、1を入れる。食べてもらう。

肉がない鍋なんて食えるかーというタイプの旦那様には豚バラ肉でも入れておけばいいと思います。
カロリーが気になるときはささみなど。
うちは大丈夫でした(笑)

和洋中何でも使えて栄養価の高いほうれん草は主婦の味方ですね。

これからもいろいろな食べ方を模索していきたいと思います。

おすすめの調理法などありましたら教えていただけると嬉しいです!


コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.awayuuki.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1669

このページの先頭へ